読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

ディキンソン 「大切な宝物を手にして――」 I held a Jewel in my fingers —

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第9回「大切な宝物を手にして――」 I held a Jewel in my fingers —(245番 1861年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ [ ]は、わたしの補足です。…

ディキンソン 「お別れはしないでおきましょう」 We'll pass without the parting

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第8回「お別れはしないでおきましょう」 We'll pass without the parting(996番 1865年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ 『ディキンスン詩集』…

ディキンソン 「詩人はランプに火を点すだけ――」 The Poets light but Lamps —

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第7回「詩人はランプに火を灯すだけ――」 The Poets light but Lamps —(883番 1864年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート 既存の解説について ※ [ ]…

ディキンソン 「わたしが死へと立ち止まれなかったので――」 Because I could not stop for Death —

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第6回「わたしが死へと立ち止まれなかったので――」 Because I could not stop for Death —(712番 1863年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ [ ]…

ディキンソン 「百年の後には」 After a hundred years

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第5回「百年の後には」 After a hundred years(1147番 1869年頃)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ 『ディキンスン詩集』新倉俊一訳・編――安藤一…

ディキンソン 「言葉は死んだ」 A word is dead

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第4回「言葉は死んだ」 A word is dead(1212番 1872年頃)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ 『対訳 ディキンソン詩集』亀井俊介編(岩波文庫)を…

エミリー・ディキンソン 詩と時代~年譜

エミリー・ディキンソン Emily Dickinson (1830-1886) アメリカ合衆国の詩人。生前に発表(印刷)された詩は匿名での10篇だけだったそうです。彼女の死後、その詩はおおくのひとに支持されてゆき、いまではホイットマンとならんでアメリカを代表する詩人の…

ディキンソン 「鳥たちの夏よりさらに晩く」 Further in Summer than the Birds

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第3回「鳥たちの夏よりさらに晩く」(鳥たちよりもさらに夏おそく) Further in Summer than the Birds(1068番 1866年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳…

ディキンソン 「わたしは誰でもないひと! あなた 誰?」 I'm Nobody! Who are you?

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第2回「わたしは誰でもないひと! あなた 誰?」 I'm Nobody! Who are you? (288番 1861年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ 『対訳 ディキンソ…

ディキンソン 「わたしは〈美しさ〉のために死んだ――けれど」 I died for Beauty — but was scarce

海外の詩の翻訳シリーズ。 エミリー・ディキンソン、第1回「わたしは〈美しさ〉のために死んだ――けれど」 I died for Beauty — but was scarce (449番 1862年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。 日本語訳 原詩 解説 翻訳ノート ※ 『対…

鞠二月二日堂