読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

熱くて濃い珈琲は

詩作メモ

 センチメント(感傷)は表現の場に於いて敬遠されることがおおい。でもわたしは、あまり気にしない。その先になにかがあると感じたら、そこを入口にしてすすんでゆくのがよい。おおきな世界のなかで一度見失い、再び巡りあう幸せがある。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂