鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

毛糸の帽子

詩作メモ

 ひとにとって心地よい風もあれば、厳しい風もある。ひとの自由を疎外するような風から物語を派生させてみたい。風は大気の循環(自然現象)にすぎないけれど、そこには、ひとのこころと深く関係したなにかがあるように思う。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂