読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

未来の蟻たち

詩作メモ

 200文字あまりの詩を仕上げるのに、ずいぶんと遠回りをしてしまった。理屈ぼく考えてみたり、抒情に流されたり…… 詩がまとまりを見せはじめたのは、ここに登場する蟻たちが時間(過去~現在~未来)を自由に行き来できる存在だということに思い至ったときだった(小さな発見だった)。喪失は再会のためではなくて、新しい生命のためにあるのだと未来の蟻たちに教えてもらった。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂