読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

ディキンソン 「わたしが死へと立ち止まれなかったので――」 Because I could not stop for Death —

 海外の詩の翻訳シリーズ。

 エミリー・ディキンソン、第6回「わたしが死へと立ち止まれなかったので――」 Because I could not stop for Death —(712番 1863年)日本語訳と解説(ディキンソンの目次と年譜はこちら)。

 ※ [ ]は、わたしの補足です。

 ※ 『対訳 ディキンソン詩集』亀井俊介編(岩波文庫)、『ディキンスン詩集』新倉俊一訳・編(思潮社)を翻訳と解説の参考にしました。

 日本語訳 わたしが死へと立ち止まれなかったので――

 原詩 Because I could not stop for Death —

Because I could not stop for Death —
He kindly stopped for me —
The Carriage held but just Ourselves —
And Immortality.

We slowly drove — He knew no haste, 5
And I had put away
My labor and my leisure too,
For His Civility —

We passed the School, where Children strove
At recess — in the Ring — 10
We passed the Fields of Gazing Grain —
We passed the Setting Sun —

Or rather — He passed Us —
The Dews drew quivering and chill —
For only Gossamer, my Gown — 15
My Tippet — only Tulle —

We paused before a House that seemed
A Swelling of the Ground —
The Roof was scarcely visible —
The Cornice — in the Ground — 20

Since then — 'tis Centuries — and yet
Feels shorter than the Day
I first surmised the Horses' Heads
Were toward Eternity —

 ※ 原詩は版によってカンマやダッシュ、大文字、小文字の使い分けなどに違いがある場合があります。こちらでは『対訳 ディキンソン詩集』で使われているテキストThomas H. Johnson: The Poems of Emily Dickinson, 1955に合わせました。

 解説 不滅と永遠 時間の外から届けられた光=ヴィジョン

 ディキンソンの代表的傑作のひとつとして認められている詩。

 作品は Death 「死」(1行目)からはじめられ、Eternity 「永遠」(24行目)で終えられる。人生には、ときおり不思議なことが起きる。その日、〈死〉が「わたし」の前に止まった。「死という乗り物」=馬車は「わたし」と「彼(死)」と「不滅」を乗せて、ゆるやかに駆けてゆく。子供たちの遊ぶ学校、目映い穀物畑、沈んでゆく太陽、冷たい露…… 忘れがたい体験は、その後の数百年の時間さえも短いものに思われたほどだった。死によってもそこなわれないもの~不滅があり、そのとき世界は非時間の事象~永遠として「わたし」のもとに届けられた。

 「あの日」のヴィジョン(死との邂逅)は、わたしたちの日常を裏から照射する光のように思われる。永遠~詩、芸術とは、そのような時間の外から届けられた光=ヴィジョンのことではないだろうか。

 翻訳ノート

 原詩の切り詰められた表現にいくらかの言葉を補いつつ、いきいきとした語りのトーンを大切にして訳してみた。

1~4行 (第1連)

 1行目 for Death を既存の訳(亀井俊介新倉俊一訳)のように「死のために~」と訳すことはためらわれた。死を見定めようとする行為の不可能性としてとらえて、「死へと(立ち止まれなかったので)」と訳してみた。

 4行目 Immortality は「不滅」と訳した。「不滅の生」(亀井俊介訳)とすると、馬車のなかで「死(彼)」と「生」が同居することになり、なんだかおさまりがわるい。また「永遠」(新倉俊一訳)では、最終行の「永遠」を先取りしたかたちになるので、詩の展開から考えてよろしくないと思う(ここをあえて「永遠」と訳す意図がわたしにはよくわからないのだけれど…)。

 参考:Immortality を肉体の死によってもそこなわれない「魂の不滅」としてとらえることも出来るかもしれない。

5~8行 (第2連)

 5行目 We 「わたしたち」は、この詩で繰り返し使われている。それぞれ訳していってもよいのだけれど、日本語の語感としてやや鬱陶しい気もする。日本語の場合「わたし」や「わたしたち」を省略することもおおい。「わたしたち」を切り詰められるところは切り詰めて省略する方向で訳してみた。

 8行目 Civility 「礼儀正しさ、丁寧な言葉[ふるまい]」は〈死〉の領域に入ってゆくには、それ相応の礼儀作法やマナーがあるということだろうか。現世~此岸での生き方(仕事や余暇)を死の領域~彼岸にまで持ち込むことは出来ない。Civilityを「(彼の)丁重な振る舞い~」と訳してみた。

9~12行 (第3連)

 情景の描写が素晴らしいパートだと思う。それぞれに印象深いイメージの展開をそこなわないように、言葉の配列をできるかぎり維持して訳してみた。

 11行目 Gazing Grain 亀井俊介の解説では「麦などの穀物の実った粒を、物を凝視する目にたとえた表現か」とある。つぎの行が「沈んでゆく太陽」の描写になっていることから、麦の穂が陽光に輝いている情景が思い浮かぶ。Gazing を「輝き~眼差し」のイメージでとらえてみてはどうだろう(「熱心に見つめる」から「夕陽の輝きのような眼差し、視線」の連想)。そちらの方向から、「目映い視線を注いでいる穀物畑を~」とイメージを補足しつつ訳した(いかが?)。

13~16行 (第4連)

 13行目 He passed Us 「太陽がわたしたちを通りすぎた」は、12行目「沈んでゆく太陽を通りすぎた」からの展開。いっけん奇妙に思われるけれど(通りすぎた太陽に抜きかえされた?)、図にすると分かりやすい(このようなことではないだろうか)。

「わたしたち」と太陽の関係

 次の行(14行目)で、太陽が通りすぎた日没後の冷たさが「露」「震え」「寒さ」として具体的に呈示される。

 15行目 Gossamer 「薄い紗」については「当時まだ、薄地の紗織ではなく、空中に浮遊する蜘蛛の糸や、その種の薄物をさした」(亀井俊介の解説)ということです。薄く軽やかな衣服は、死後の存在の希薄さを暗示しているようにも思われる。

17~20行 (第5連)

 死者を埋葬する墓が地中の House 「家」として描写される。20行目 Cornice 「軒蛇腹(のきじゃばら)」は、建物の軒に帯状に取り付けた突出部分のこと。軒蛇腹があるということから、地中の家は大きくて立派な家のようです。

21~24行 (第6連)

 それまでの〈死〉を巡る情景~イメージが最終行で呈示された Eternity 「永遠」へと鮮やかに結びつけられる。ディキンソンらしいキメの見事さです(ほれぼれします…)。日本語に訳す場合もそのような行単位の組み立て(イメージの展開)を踏襲したいのだけれど、既存の訳をみてみると、

それから―何世紀もたつ―でもしかし
あの日よりも短く感じる
馬は「永遠」に向かっているのだと
最初にわたしが思ったあの一日よりも――

 ※ 亀井俊介

 ということで、一般的な訳では「永遠」を最終行に置くことがむつかしい(それぞれの行の訳と、行と行のつながりを同時にこなすことはむつかしい)。でも心配はしていない、そのときわたしには「声」が聞こえていた(誰の声だったのだろうね?)。詩の翻訳ではときおり不思議なことが起きる。

 そうなんだと初めて思ったあのとき 馬は
 「永遠」にむかって駆けていた――

 そのときわたしのこころに響いてきた「声」を即興的に書きとめて、最終連の訳とした。永遠を宿したいくつもの素敵な言葉をありがとう、エミリー・ディキンソン!

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂