読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

土曜日の放課後だった

詩作メモ

 わたしたちの日常の〈確かさ〉は、どれほどのものだろう? 土曜日の学校の放課後では、いくらか怪しくなってくる…… 電話(tele-phone)は、すくなからず奇妙なものだと思う。校庭で輪になって回っている女子生徒のイメージを気に入っている。

ご案内

学校が舞台の詩

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂