読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

リルケ 「オルフェウスへのソネット」 Die Sonette an Orpheus

リルケ

 海外の詩の翻訳シリーズ。

 ライナー・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke 『オルフェウスへのソネット』(オルフォイスに寄せるソネット) Die Sonette an Orpheus(1922) 日本語訳(第1部 I~IV、第2部 I, III, XII)。

はじめに

 『オルフェウスへのソネット』を翻訳する作業はスリリングな体験だった。そのときリルケに聞こえていた〈オルフェウスの歌〉を、わたしたちもまた聞いてみたい。リルケが〈もの〉に託して歌ったものを、再び〈こころ〉の側から眺めてみたい。そこに何が見えてくるだろう……

 静謐なエナジーを湛えた『オルフェウスへのソネット』は、わたしたちのささやかな〈生〉を、こころの深部から明るく励ましてくれる。

 ※ わたしの訳は原詩(ソネット14行)に、おおくのパラフレーズする行を差し挟んでいます。ドイツ語からの正確な訳ではなく、詩全体のイメージ、意図、物語が明確になる方向からの「積極的な意訳」の試みです。

 ※ 詩の主題が分かりやすいように、それぞれの詩に標題をつけました。原詩に標題はついていません。

 ※ 『リルケ詩集』高安国世訳(岩波文庫)、『リルケ詩集』富士川英郎訳(新潮文庫)を翻訳の参考にしました。

 ※ 訳詩の作業はこつこつと継続中です。月単位、年単位でおつき合いいただけたらと思います。

日本語訳 オルフェウスに寄せるソネット 第1部

 I オルフェウスとの出会い)

 II (眠る少女)

 III (歌と存在)

 IV (恋人たち)

 V (薔薇とオルフェウス

 VI (ふたつの世界)

日本語訳 オルフェウスに寄せるソネット 第2部

 I (詩が生まれる空間)

 III (鏡の不思議)

 XII (変身)

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂