読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鞠二月二日堂

詩と芸術のブログ

永遠のこと 四月 パウル・ツェラン

詩作メモ

 旧ブログ(2014年8月以前)の詩。

 1970年4月19日深夜、あるいは20日未明、パウルツェランミラボー橋からセーヌ川に身を投じたという。この詩はパウルツェランが生前に準備していた詩集『雪の声部』(雪の区域)の最後に収められた詩、

Die Eiwigkeit hält sich in Grenzen:
永遠は境界の内側にある――(永遠は限界のうちにとどまる――

 から着想を得た(ツェランの命日を前にして即興的につくった詩)。

ご案内

 

広告を非表示にする
鞠二月二日堂